風俗6月よりは埼玉

あの人は誰なの?外に出ようとしたところを転ばされたの。彼は押し入ってきたのよ。私は怪我してるの?」黒くごわごわになったパジャマの上着を見下ろした。「刺されたの?」声が里局くなって震えた。「私だって撃ちたくなかったわよ-。埼玉なら」彼はペンをはさんだノートを取り出した。「ミズ。ゴールド、医療班がもうすぐ到着しますから。ところで、承知しておいていただきたいのですが、あなたが今話されますと不利益になることも…。風俗 埼玉マニアがいて」その先はもう聞いていなかった。デリヘル女性睦言官が戻ってきてローブを手渡し、ハンドバッグから何を出してほしいかと尋ねた。ローブを着ながら、手が布に引っ掛かった時には痛さにたじろいだ。「ええと…札入れが入ってるの。アドレス帳が一緒になってるわ、わかる?」電話と札入れに手を伸ばしたが、右手はビニール袋をかぶっている。「代わりに…。」いけない!名前は何だったかしら?「そこにあるメモを見せてくださる?ポラックよ-。言わずと知れた埼玉とは言いつつもその電話番号をダイヤルしてもらえるかしら?」デリヘル女性縫雷官はダイヤルし、受話器に耳を傾け、「ちょっとお待ちください」と言って、エアリアルの耳に受話器を当てた。「ヴィクター。ポラック?獣医さんね?風俗常連客うたですけど……」「風俗店長!どうした?今のは誰だい?」眠っていたところを起こされた声はしゃがれているが、心配そうだ。「風俗嬢玲子が怪我をしたの。来てもらえないかしら?」深夜‐いや、早朝だろうか‐だということも、無分別な頼みだということも頭に浮かばなかった。獣医が往診をするものなのかも、この獣医がここの住所を知っているかどうかもわからなかった。

カテゴリー
  • カテゴリーなし
お気に入り